サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

水のことば 「鏡花水月」

コラム2017年11月17日

豊かな水に恵まれた日本をもちろん、中国やヨーロッパなど世界各地で、古くから水にまつわる格言やことわざが、たくさん残されています。

「鏡花水月」(きょうかすいげつ)
鏡に映った花と、水に映った月。見ることはできても、手に取ることはできない美人や幻のたとえで、つかみどころのない事柄をも指しています。

「山紫水明」(さんしすいめい)
自然の景色の美しさを形容したことば。山は日の光の中で紫にかすみ、川は清らかに澄んでいることを表しています。

「水滴りて石穿つ」(みずしたたりていしをうがつ)
たとえ小さな水滴であっても、長い間、一定の場所に落ち続けると、下にある石に穴を開けます。小さな力でも根気よく続ければ成功するという意味合いを持ちます。

「水の恩はおくられぬ」(みずのおんはおくられぬ)
水は人の暮らしに一日も欠かすことのできないものであり、その恩恵は計り知れないということ。
日本に伝わる水のことばで、恩恵の大きいたとえに使われています。
似たものに「水の恩ばかりは報われぬ」があります。

太古より、人は水を尊び、水と共に生きてきました。
これからも折をみて、水のことばを少しずつ、紹介していきますね。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE