サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

仮想水(バーチャルウォーター)をご存じですか?

コラム2016年8月1日

仮想水(バーチャルウォーター)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

1990年初めに、英国のロンドン大学東洋アフリカ学科のアンソニー・アラン教授によって提唱された理論で、輸入されている食料が自国で生産された場合、どれだけの水が必要かを試算し、推定した水資源の量のことです。

たとえば、トマト1個(125g程度)には16リットル、小麦1kgに対しては2,000リットルの仮想水(バーチャルウォーター)が必要とされています。
牛肉にいたっては、1㎏の肉に対して2万リットル、ハンバーガー1個に1,000リットルの仮想水(バーチャルウォーター)が必要になってきます。
牛には、エサとなる穀物の栽培に大量の水が使われているためです。

日本人が1人で1日に平均して使っている水は、輸入されている食べ物に対しての目に見えない仮想水(バーチャルウォーター)まで含めると3,000リットルにまで膨らみます。
世界平均は、1人1日1,756リットルですから、比べると日本人は贅沢に水を使っていることがわかります。

「水を大切に使いましょう」ということは、何度かマロッと通信でもお伝えさせていただきました。
水は目に見えないところで、大量に使われていることを心に留めていただけたらと思います。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE