サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

おいしい水でトコロテンをもっとおいしく

コラム料理2017年7月5日

暑い日々が続くと、口当たりが冷たくて、ツルリとした喉ごしの食べ物が欲しくなるもの。
さっぱりと食べたいなら、トコロテンが薦めです。

その歴史は古く、大陸から日本に伝わったのは、仏教伝来の頃。
精進料理のコンニャクなどと共に、その製法が伝えられたといわれています。
当時は上流階級の食べ物。一般庶民にはほど遠いもので、からし酢で食べられていたようです。

原料となる海藻の天草は、煮ると凝る藻ということで、「凝海藻(こるもは)」あるいは「凝海藻葉(こごるもは)」と呼ばれていました。そして、煮凝ったものは「こころふと」と呼ばれ、漢字で「心太」が当てられたそうです。

このトコロテンですが、自宅で作ると、味わいが格段とアップするのをご存じですか。

作り方は、まず、天草を水で軽く揉み洗いして、水を加えて火にかけます。
沸騰したら酢を加え、吹きこぼれない程度の火加減で、とろみが出るまで40分程度煮ます。
煮汁が熱いうちに、ふきんなどの布で濾し取り、バットなどに移して粗熱を取ってから、冷蔵庫で冷やします。
トコロテンを細く切り分ける道具の大きさにカットして、棒で突いたら出来上がりです。

トコロテンづくりで、ポイントなるのが水。
大部分を水が占めるため、水がおいしくないと、トコロテンはおいしくならないのです。

合わせて、原料の天草やトコロテンを突く道具がある、というご家庭は多くないと思いますが、ネットショッピングなどで手に入れることができます。

ぜひ一度、「六甲の天然水 マロッ」で、トコロテンづくりにチャレンジしてください。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE