サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

「こどもの日」は、無病息災を願って、菖蒲湯に

コラム健康2018年4月30日

5月5日が「こどもの日」に制定されたのは、1948年のことでした。
それまでは、日本の伝統的な式日である、五節句に数えられる、「端午(たんご)の節句」と呼ばれてきました。

端午の「端」は“はじめ”という意味で、「端午」は5月最初の午(うま)の日をさし、奈良時代以降、端午の節句として定着してきました。

古代中国では、この日を薬採りの日とし、薬草を摘んで野遊びを楽しんだそうです。
なかでも菖蒲(しょうぶ)は薬草として用いられ、良い香りを放つことから、邪気を祓う植物とされ、「菖蒲の節句」とも呼ばれていたそうです。

江戸時代に入って、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じ音であることから、「尚武の節句」としても、武家の間で盛んに祝われるようになりました。

端午の節句のお祝いには、鯉や栗、ちまきや柏もちがつきもの。
また、菖蒲は、家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして飲んだり、
無病息災を願って、葉や根を入れて沸かした菖蒲湯に入るところもあります。

お風呂に入れるときは、丸ごとか、細かく刻むとより香り高いのだとか。
今年の「こどもの日」はお子さまと、菖蒲湯を楽しんでみませんか。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE