サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

アサリ、ハマグリ、トリ貝、マテ貝… いろいろな貝たちが旬を迎えました

コラム料理2017年4月27日

いまの季節の貝は、身がふっくらと膨らんで、旨みが増し、口いっぱいに広がる潮の香で、貝好きたちを唸らせています。
おいしい貝ですが、「ジャリ!」と砂を噛んでしまうと、幸せな気分が一転してしまいます。

貝をおいしく食べるには、「砂抜き」にひと手間かけるのが大切なポイントです。

やり方はいろいろありますが、昔ながらの、海水程度の塩水に浸けて、置いておくのが一番でしょう。

塩水は、水500ccに塩大さじ1。
塩の種類で量は多少異なりますので、なめてちょっとしょっぱいなと感じるくらいを目安にしてください。

貝の並べ方が重要で、重なっていると、下の貝が砂を吸ってしまうことがあるそうです。
大きめのバッドに平らに並べて、顔が半分見えるくらいまで塩水を入れます。

薄暗い場所の方が砂をよく吐き出すので、冷蔵庫か、バッドに箸を渡して、新聞紙をかぶせておきましょう。
放置時間は、最低1時間、できれば3時間はそのままにしておきたいものです。

潮干狩りもシーズンたけなわ。
ゴールデンウィークに潮干狩りを予定されるファリミーもいらっしゃるのでは。
海辺で取ってきた貝たちなら、一晩は置いて、おいしく食べてくださいね。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE