サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

緑あふれる六甲山の歴史 1

コラム六甲山2017年2月22日

はじまりは低い丘でした。
約100万年前から、六甲山一帯に東西方向の強い圧力が加わることで変形、隆起した“山”が六甲山に、沈降した“谷”が大阪湾へと姿を変えました。

古代、六甲山系周辺にはほとんど人の手が入ることのない、うっそうとした原始林が広がっていました。

弥生時代に稲作農耕がはじまり、平地で荘園を中心とする集落が広がり、山麓の自然の照葉樹林が切り倒されるようになります。

六甲山はまた、古くから山岳修行の霊地で、大陸から伝来した仏教とも結びつき、山岳寺院が建てられていました。寺院や城砦の資材を供給していた六甲山麓は、中世にはたたびたび戦に巻き込まれます。
樹木の伐採や土地の改変、放火や石材の採取が繰り返されました。

近世になると、山麓の人々が山中の谷奥にため池を築き、牛の飼料の草や屋根に葺くカヤ、燃料の薪や土壁など、さまざまな生活の資材を求めて、六甲山地に入るようになります。

このような歴史の中で、六甲山は回復できないくらいに破壊されてしまいます。
神戸港が開港した頃には、「はげ山」といわれるほど荒廃していました。

自然あふれる六甲山を取り戻そうと、新たな取り組みがはじまったのは、明治時代のことでした。

参考
『六甲SABO』国土交通省 近畿地方整備局 六甲砂防事務所
『六甲山楽しみ情報ボックス』兵庫県立六甲山自然保護センター
『六甲山歩』神戸市 市長室 広報部 広報課

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE