サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

秋の恵み、新米をおいしく

コラム料理2020年10月29日

 
 
11月の和名は「霜月」。霜が降りる頃であることから、その名が付いたというのが一般的なようです。
 
11月には、秋の収穫を祝い感謝する行事が、各地で繰り広げられています。
宮中や全国の神社では、23日に、新嘗祭(にいなめさい)が執り行われます。
新嘗の「新」は新穀を、「嘗」はごちそうを意味するもの。
宮中祭祀の中では最も重要なものとされ、昔は、人が新米を食べられるのは、神様にお供えしてからだったそうです。
 
ここで、おいしい新米の炊き方を紹介しましょう。
 
「新米は水分が多いので、水を減らした方がいい」と聞いたことがあると思いますが、これはひと昔前のお話。
現在は、新米、古米を問わず、水分量は15%程度と決められ、出荷されているそうなので、極端に水を減らすのは避けたいものです。
 
新米はやわらかいので、やさしく研ぐのが基本。
手指をたてて力を入れず円を描くように、水を入れ替えながら3回ほど研ぎ、2回すすいで、ザルにあげて水を切ります。
 
お米と同量の水を炊飯器に入れてスイッチオン。
 
炊き上がったら時間を置かず、釜の底の方から大きくふんわり混ぜます。
すぐに混ぜて余分な水蒸気を逃せば、やわらかでおいしい新米のでき上がりです。
 
今年の新米は「六甲の天然水マロッ」で。
炊飯時はもちろん、研ぐ時に使用されることで、より安心、安全に召し上がっていただけます。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE