サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

いつもの鍋をワンランクアップ

コラム料理2017年1月25日

極寒な日々が続くこの季節、「今夜はお鍋~♪」というご家庭が多いのではないでしょうか。

魚介類や肉類、豆腐にたっぷりの野菜などを加えて食べるシンプルな料理ですが、
なんでもかんでも入れたらOK、というわけではありません。

どこの鍋にも一人は「鍋奉行」と呼ばれる、指南役がいるくらい作り方は多彩です。
具材を入れるタイミングや火加減で、味は格段に異なってきます。

具材を入れる順番は、魚介類はダシが出るので最初から入れましょう。
肉類は火が入りすぎると固くなるので、野菜に火が入ったころに。
糸こんにゃくは肉を固くする性質を持つので、肉類のそばには加えないこと。
豆腐は煮すぎると固くなりがちですが、昆布や魚介類と一緒なら、さほど固くはなりません。
野菜では菊菜はアクが強いので、ひと煮立ちしたらすぐに上げてください。

火加減は、沸騰させるのは最初の一度だけ。沸騰したら火を弱めます。
グツグツ煮えるのが落ち着いたら、表面に浮いているアクだけを取ります。
魚介類や肉類の脂分も浮いてきますが、うま味でもあるのでそのままに。
アクの取りすぎに注意です。

〆は何になさいますか。
雑炊ならば、ご飯は一度、水で洗ってください。
ご飯をそのまま入れると、ベタついた雑炊に仕上がってしまいます。

豊かな自然に育まれたマロッで、多彩な鍋料理をお楽しみください。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE