サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

日本ミネラルウォーター事始め

コラム2017年5月30日

ヨーロッパでは、地下水などの硬度が高過ぎて飲用しにくい地域が多く、味の良い水のある地域で瓶詰めし、飲料水として販売されました。これが、ミネラルウォーターの始まりです。

日本では、飲料用の水が引かれたのは江戸時代。江戸の武家や寺社、町方の生活を支えるために、現武蔵野市の井の頭池などを水源に、神田上水と玉川上水が設けられました。

港が開かれ、明治元年(1868)には、英国人ジョン・ノース氏とパートナーのレー氏が、横浜居留地でレモネードやミネラルトニックなどの炭酸飲料水の製造を開始。顧客は在留外国人や来航した艦船の人々で、ほとんどの日本人は飲用しなかったようです。

明治17年(1884)に兵庫県川西市で三ツ矢平野水が「天然炭酸水を含める東洋唯一の純良鑛泉なり」とラベルに銘記して瓶詰・販売した、という文献も残されています。

明治19年(1886)に神戸市の布引山麓で天然鉱泉の湧出が発見されます。

明治23年(1890)に西宮市生瀬でクリフォード・ウィルキンソン炭酸鑛泉水が、明治32年(1899)には布引鑛泉所がナチュラルミネラルウォーターの布引炭酸水を瓶詰・販売。

布引、有馬、宝塚、平野と続く、六甲山麓の花崗岩層から湧出する鑛泉水には、炭酸ガスを含んでいないものもあったようです。

昭和42年(1967)頃からウィスキーの水割りが一世を風靡。業務用ミネラルウォーターの消費が増え、各社が次々にミネラルウォーターを商品化。当時はガラス瓶入りが主流でした。

一般に浸透するようになったのは、昭和58年(1983)にカレー用のチェイサー水が発売。これが家庭用ミネラルウォーターの先駆けとなりました。

「マロッ」が製造販売を開始したのは2000年。
六甲山が育んだ天然水を皆様のもとへお届けしております。

参考:日本ミネラルウォーター協会ホームページ

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE