サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

梅雨なのに、「水」「無」「月」とは、いかに?

コラム2018年5月29日

6月は旧暦で「水無月(みなづき)」とされますが、梅雨に入る時期であり、水が無い月でもないのになぜ、と思われることありませんか。

由来は諸説あって、まずは、古来より日本人が大切にしてきた田んぼに、水を引く月であることから、「水無月」になったという説です。

文字だけ見ると、違和感を覚えますが、「水無月」の「無」は、実は「ない(=存在しない)」という意味ではありません。

古い日本語の「な」、現在の「~の」という意味を表します。
つまり、「水な月」は、現在の日本語で「水の月」。「水が無い月」ではないのです。

他にも、田植えをするときは、田んぼに水をはるので、「水張り月」といったことから「みなづき」になった説。

また、当時、大仕事の田植えをみんなで協力して終えたことから、「皆尽月」といったことから「みなづき」になった説。

さらに、できるだけ梅雨が短くなるように、という意味を込めて、「みなづき」になったという説もあります。

大地に潤いをもたらし、農作物を育んでくれる梅雨ですが、世界的な異常気象が続くなか、今年はどうなのか、少々、心配ではあります。

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE