サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

マロッと通信 ブログ マロッと通信 ブログ

夏カレーは食中毒にご用心!

コラム健康2021年6月30日


 
 
気温が上昇するにつれ食べたくなるのがカレー。
夏野菜たっぷりのキーマカレーなど、食欲を刺激してくれます。
「カレーはひと晩寝かせた方がおいしい」といわれていますが、この季節、気をつけたいのが食中毒です。
 
十分加熱しても残る菌があって、保存している間に増殖します。
ウェルシュ菌といい、自然界に広く生息していて、空気を嫌う性質があるため、酸素が少ない、鍋底のような環境で増殖します。
加熱しても芽胞というかたい殻を作って、カレーやシチューなど、大鍋の中で長時間煮込まれても生き残ります。
 
芽胞のままであれば人体に害を及ぼすことはありません。
しかし、加熱した後、室温くらいまで温度が下がると、鍋の中で増殖をはじめます。
 
潜伏期間は6~18時間(平均10時間)で、腹痛や下痢など腹部に症状が現れます。
 
カレーを保存したい場合は、ウェルシュ菌が増殖しやすい20~50℃での長時間放置は禁物。浅く小さな容器に小分けして、なるべく早く冷凍庫へ入れましょう。
 
保存したカレーは食べる直前に、殺菌のため、グツグツするまで再加熱を。
全体に熱がいきわたるよう、中心部までよくかき混ぜながら加熱して、熱いうちに食べることを心掛けてください。
 
食中毒予防の3原則である、食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」をしっかり守って、おいしく健康的な食生活を心掛けてください。
 
参考:東京都福祉保健局ホームページ

お客様の声一覧・キャンペーン一覧・メディア紹介

キャンペーン情報

campaign

MORE