サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


 
 
六甲山の北側、裏六甲に位置する有馬は、日本最古の温泉の一つ。
環境省の指針で療養泉として指定される、二酸化炭素泉や炭酸水素塩泉など、9つの主成分のうち7つの成分が混合した、世界的にも珍しい温泉です。
 
温泉郷では、鉄分と塩分を含んだ褐色の有馬名物湯「金泉」と、お肌がツルツルになると女性に人気の無色透明の「銀泉」に浸かることができます。
 
飲料水として試してみたいなら、炭酸泉源公園へぜひ。
温泉街を抜けて、坂を上がった先にあり、きれいに整備されています。
神社のような建物の中央にある、丸い石からコンコンと冷たい炭酸水が湧き出で、泉源左手の蛇口をひねると、炭酸泉を飲むことができます。
 
明治時代初頭までは毒水と呼ばれ、人々に恐れられていました。
明治8年に内務省司薬場が大阪にできたのを機に検査を申し出て、飲浴両用に適した炭酸泉と判定されて以降、炭酸泉源として整備されました。
 
有馬名物の「炭酸せんべい」は、炭酸泉を使って製造・販売されたのがはじまり。
日本初の国産サイダーも、有馬の炭酸泉を利用して製造されました。
 
六甲の天然水「マロッ」は、有馬の炭酸泉と同じ六甲山系の中で、最西端に位置する「鉄拐山」の地層200mから汲み上げられています。
非加熱充填で生産された、安全でおいしい、神戸発の天然水です。
 
参考:有馬温泉観光協会ホームページ

 
 新型コロナウイルス感染予防のために、新しい生活様式に気を配る中、梅雨入りしました。
気温が高くなりはじめ、湿度も高くなる梅雨どきは、食中毒が急増します。
その原因となるのは「細菌」と「ウイルス」。どちらも目には見えない小さなもので、どこにいるか分かりません。
肉や魚などの食材はもちろん、いろいろな物に触れる手に付着している可能性があります。
 
食中毒は、飲食店などで食べる食事だけでなく、家庭での食事でも発生しています。
きれいにしているキッチンでも、スポンジやふきん、シンク、まな板などは、細菌が付着・増殖し、ウイルスが付着しやすい場所といわれています。
 
食中毒予防の原則は、原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」、
原因ウイルスを「持ち込まない」「ひろげない」「つけない」「やっつける」です。
 
食中毒を防ぐポイントを6つに分けて具体的に紹介します。
 
(1)買い物
消費期限を確認。肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う。
肉や魚などは汁が他の食品に付かないように分けてビニール袋に入れる。
寄り道をしないで、すぐに帰る。
 
(2)保存
冷蔵や冷凍の必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管。
肉や魚はビニール袋や容器に入れ、他の食品に肉汁などがかからないようにする。
肉、魚、卵などは、取り扱う前と後に、必ず手指を洗う。
冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保ち、詰めすぎない。
 
(3)下準備
調理の前に手を石けんできちんと洗う。
野菜(カット野菜も)などの食材は、流水できれいに洗う。
生肉や魚、卵にふれたら手を洗う。
生肉や魚などの汁が、果物やサラダなど、生で食べるものや調理済のものにかからないようにする。
包丁やまな板は肉用、魚用、野菜用と別々に使い分けると安全。
冷凍食品の解凍は冷蔵庫や電子レンジを利用し、自然解凍は避ける。
冷凍食品は使う分だけ解凍し、冷凍や解凍を繰り返さない。
使用済みのふきんやタオルは、熱湯で煮沸した後、しっかりと乾燥させる。
使用後の調理器具は洗った後、特に生肉や魚を切ったまな板や包丁は、熱湯をかけて殺菌。台所用殺菌剤の使用も効果的。
 
(4)調理
調理の前に手を洗う。
肉や魚は十分に加熱。中心部を75℃で1分間以上の加熱が目安。
 
(5)食事
食べる前に石けんで手を洗う。
清潔な食器を使う。作った料理は、長時間、室温に放置しない。
 
(6)残った食品
残った食品を扱う前にも手を洗う。
清潔な容器に保存。温め直すときも十分に加熱。
時間が経ちすぎたものは捨てる。ちょっとでもあやしいと思ったら食べずに捨てる。
 
参考:内閣府政府広報オンライン

 
子どもはもちろん、大人も大好きな国民食カレーライス。
今回は、夏野菜をたっぷり使った夏野菜カレーにチャレンジします。
 
ナス、ズッキーニ、ピーマン、トウモロコシ、トマト…。
彩りも鮮やかな夏の野菜たちは、味が濃くて、ビタミンが多く含まれ、栄養価も高いといわれています。
火の通りが早い野菜とミンチ肉を使うので、あっという間に完成するのも魅力。
野菜は1センチ角に切るので、野菜嫌いでも気にならないと思います。
 
材料 (4人分)
ミンチ肉 200g
タマネギ 1個
好きな夏野菜 (ナス2個、ズッキーニ1個、ピーマン2個、プチトマト8個 など)
カレールウ 80~100g
水 800ml
 
作り方
1 プチトマト以外の野菜を1センチ角に切ります。
2 厚手の鍋に油を熱し、玉ねぎを炒めます。
3 タマネギがしんなりしたら、ミンチも加えて炒めます。肉の色が変わったらすべての野菜を投入し、水も加えて、野菜が柔らかくなるまで中火で7~8分煮ます。
4 煮えたら火を止め、カレールウを加えて、よく溶かします。
5 プチトマトを加え、弱火にして、ときどきかき混ぜながら3~4分で、出来上がり!
 
カレールウは粗く刻んでおくと、早く溶けます。
また、合い挽きミンチ肉を使う場合、ひと手間かかりますが、別で炒めて、余分な油を落としておくとおいしく仕上がるでしょう。
 
夏野菜カレーのお供に、「六甲の天然水 マロッ」をどうぞ。

 
 
暑い日が続くようになってきましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
熱中症対策がとても必要な季節でもあります。
 
新型コロナウイルスの影響で、外出時はマスクが必携。
マスクを着けていると、いつもよりもずっと暑く感じられます。
しかも、マスクの内部は湿度が上がっています。
 
厚生労働省の「令和2年度の熱中症予防行動」の中に、マスクについては、
① 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
② 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、マスクをはずす
③ マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分に取ったうえで、適宜マスクをはずして休憩を
とあります。
 
熱中症対策は、のどが渇く前に、水分補給をすることが大切です。
家庭内はもちろん、オフィスや学校、スポーツの前後など、どこにいても水分補給を意識しておきたいものです。
 
こまめな水分補給を六甲の天然水「マロッ」で。

キャンペーン情報

campaign

MORE