サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 
新型コロナウイルスの感染拡大がまだまだ止まりません。
ゴールデンウイークを迎えましたが、外出のさらなる自粛が求められています。
 

兵庫県では、感染拡大防止のため、人との接触機会を最低7割、極力8割減らすための、日常生活を見直す10ポイントを掲げています。
 

①ビデオ通話でオンライン帰省
②スーパーは1人、または少人数ですいている時間に
③ジョギングは少人数で。公園はすいた時間、場所を選ぶ
④待てる買い物は通販で
⑤飲み会はオンラインで
⑥診察は遠隔診察。定期受診は間隔を調整
⑦筋トレやヨガは、自宅で動画を活用
⑧飲食は持ち帰り、宅配も
⑨仕事は在宅勤務
⑩会話はマスクをつけて
 

手洗いや咳エチケット、換気、健康管理も同様に需要です。
 

また、水分補給も大事な予防策のひとつです。
通常のインフルエンザや風邪の原因となるウイルスは、乾燥した状態で活発に活動し、湿度が50%以上になると活動が急激に低下します。
 

水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおし、ウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを、痰や鼻水によって、体外へ排出する作用を助けます。
 

ご家族でコップ1杯のこまめな水分補給を心がけてください。
「六甲の天然水 マロッ」でどうぞ。
 

参考:兵庫県ホームページ

 

お家で過ごす時間が長いいま、気分転換に、親子クッキングがおすすめです。
春キャベツがおいしい季節、神戸名物のそばめしはいかがでしょう。
ホットプレートを使えば、簡単で、おいしく、楽しくチャレンンできると思います。

 

準備.
①春キャベツをザク切りに。
②そば玉を1センチくらいに細かく、豚肉も1センチくらいにカット。

 

作り方
①油を引いたホットプレートの反面に、豚肉を並べ、色が変わってきたら裏返して焼き付ける。
②ホットプレートの残り反面に、そばとご飯を混ぜて粉かつおを振り、広げておく。
③豚肉に火が通ったら春キャベツを加え、しんなりしてきたら、そばとご飯も合わせて塩、こしょうを少々。
④ウスターソースを加えて混ぜ合わせ、仕上げに、とんかつソースかお好み焼きソースをお好みで。
⑤トッピンツに青のりをかければでき上がり。

 

できたてのアツアツをお皿に取り分ければ、おいしさがグーンとアップします。
子どもたちの好きなウインナーを加えたり、細かく切ったピーマンやニンジンなどを入れても、彩り鮮やかに仕上がります。

 

「六甲の天然水 マロッ」と一緒に、お召し上がりください。

 

子どもも大人もストレスが溜まりがちな日々が続いています。
3度の食事づくりに頭を悩ませている方も少なくないかと思います。
気分転換も兼ねて、親子でクッキングしませんか。

子どもたちが好きな肉料理の中で、手軽な素材といえばミンチ。お財布にやさしいですからね。

 

ミンチ=ハンバーグという方が多いと思いますが、ぼぼ同じ材料で、子どもの手でも調理しやすいミートボールはいかがでしょう。

 

焼いてよし、揚げてよし、煮ても、ゆがいてもよし。
鍋やスープに加えたり、パスタに仕立てたり、中華風に甘酢あんかけでも楽しめます。
また、多めにつくって、冷凍保存しておくと、何かと使えて便利です。

 

作り方は簡単。

 

ボールにひき肉と塩を入れて、粘りが出るまでこねます。卵を加えてさらにこね、最後にみじん切りにしたタマネギ、片栗粉を加えて、ざっくりと混ぜ合わせます。
ピンポン玉くらいに丸めたらでき上がり。

 

ふんわりと仕上げるためには、最初に、ひき肉と塩をよく練っておくのを忘れずに。

 

こねる作業は子どもたちの担当です。
また、たこ焼き器があれば、一個ずつ、クルクルと焼き上げてみては。
楽しさが倍増するはずです。

 

「六甲の天然水 マロッ」と共に、お試しください。

 

豊かな自然に育まれた六甲山系の水の一つ「宮水」。
西宮を含む「灘の酒」の酒造りに欠かすことのできない原料として知られています。

 

もともとは「西宮の水」が略されたもので、その名のとおり、兵庫県西宮市の沿岸部で湧き出ました。
はじまりは江戸時代末期。「櫻正宗(さくらまさむね)」の6代目当主、山邑太左衛門氏によって発見されたとされています。
山邑家は西宮郷と魚崎郷に蔵を構え、同じように造っているのに西宮蔵の方がおいしい。
その謎を調べ、仕込み水の質に着目。魚崎蔵でも西宮蔵の水を用いたところ、同様においしい酒ができたそうです。

 

六甲山系の地層を通って湧き出る「宮水」はミネラル分を適度に含み、着色の原因となる鉄分をほとんど含まない、酒造りに適した硬水をもたらします。
長年にわたる調査・水質維持などの保全活動によって、現在も「灘の酒」の味を支え続けています。

 

「六甲の天然水マロッ」は、宮水と同じ六甲山系の中で、最西端に位置する「鉄拐山」の地層200mから汲み上げられています。
非加熱充填で生産された、安全でおいしい、神戸発の天然水です。
ぜひ、お試しください。

 

参考:灘五郷酒造組合ホームページ

キャンペーン情報

campaign

MORE