サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ 六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大による、学校等休校の措置により従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら当面の間、電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

桃の節句のはじまりは、古代の中国。3月初めは季節の変わり目で、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていました。
旧暦3月の最初の巳の日を「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」とし、この日に川で身を清め、不浄を祓ってから、宴を催す習慣がありました。
もともとは女の子のための行事ではなく、春の訪れを喜び、無病息災を願う厄払いの行事だったようです。

 

これが日本へ伝わり、神事と結びついて、紙や草でできた人形(ひとがた)で身体をなでて、病や厄などの穢れを移し、川に流す行事となりました。
後に、厄災避けのための「守りびな」として飾るようになり、男女一対で飾るようになったのは、江戸時代ごろからと言われています。

 

桃は「木」ヘンに「兆」と書くように、物事や生命の起こりを意味し、悪い邪気を払う、神聖なものとして用いられてきました。
生命を宿す女性も意味するようになり、桃を用いるようになったそうです。
桃はまた、不老長寿を与える植物でもあり、長寿や子宝に恵まれるとも言われています。

 

さて、ひな祭りのごちそうといえば、ハマグリのお吸い物に華やかなちらし寿司、白酒。
仲の良い夫婦を表し、一人の人と添い遂げるようにという願いが込められたハマグリ、腰が曲がるまで長生きできるようにとエビ、
遥か先まで見通せるようにとレンコン、健康でマメに働き、仕事がうまくいくようにと豆など、縁起のいい具材たちで彩られています。

 

また、菱餅にも意味があり、桃色は魔除けや解毒、白は子孫繁栄と長寿、緑は厄除けや健康を表しているのだとか。
下から、緑、白、桃色が重なると、雪の下から新芽が芽吹き、雪の上で桃の花が咲き、
白、緑、桃色なら、雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いているといった、春の情景を描き出しているそうです。
どちらも、春の訪れを喜び、健やかに育つようにという願いが込められたものです。

 

今年のひな祭りは、六甲の天然水「マロッ」とともに、おいしくお楽しみください。

 

春うららかな六甲山で、アフリカ・タンザニア発のポップアート「ティンガティンガアートを水彩絵の具で描こう!」が開催されます。

 

タンザニアから招いたYafidu (ヤフィドゥ)氏は、美しい色合いと繊細さタッチで、独自のちょっと不思議な動物ワールドで注目されるアーティスト。
彼がオーソドックスなスタイルから、個性派へと転身したのは1995年のこと。
ティンガティンガ村の最長老アモンデ氏の逝去にあたって、師の大型動物と小さな脇役たちが奏でるやさしい作風を受け継ぎ、世界に残すべく製作を始めました。

 

開催は3月21日(土)・22日(日)の13時半~・15時半~、各日2回で、所要時間は1時間程度。
会場は六甲ガーデンテラスにある、神戸セレクト雑貨ショップ「ホルティ」です。

参加は予約制で、各回先着10名。参加費は材料込みで550円。
絵の具セットをお持ちの方は持参ください。

 

また、会場では「2日間限定 アフリカンマーケット!」も開催。
タンザニアをはじめ、東アフリカで広く使われている大判の綿布「カンガ」などを用いた、衣類や布小物などの限定販売。
アフリカンファブリックは、使い勝手の良い大きさ、大胆な柄や色使いで人気を集めています。
3月21日(土)13時から、22日(日)16時まで繰り広げられます。

 

予約は、ホルティ ℡078-894-2251(火曜定休)へ

六甲ガーデンテラスアクセス

「六甲の天然水マロッ」は、2/15で20周年を迎えました🎉
創業以来、多くの方にご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2020年の節目の年に日頃の感謝を込めまして、いろいろ企画しておりますので、お楽しみに😀

 

寒さに負けず凛として咲く「バイカオウレン」の大群落や、雪上を黄金色に彩る「フクジュソウ」など、シーズンオープンの頃には見られなくなってしまう、早春の花々が鑑賞できる冬季特別開園。

 

今年は、記録的な暖冬の影響で植物の開花が予定よりも早いことから、1週間早めて2月15日(土)から開催されます。

 

特別割引料金で入園でき、会場では早春の花をめぐる花のガイド(10時半~、13時~)、オリジナルカレンダーや花苗プレゼント、温かい豚汁のふるまいなど、イベントが盛りだくさんです。
なお、期間中は西入口のみ開門。山上バスを利用の場合、「オルゴールミュージアム前」で下車してください。

 

春はそこまでやって来ています。ひと足早く春の息吹を感じてみてください。

 

【開催日】2月15日(土)、16日(日)、22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)、29日(土)。3月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)。
【時 間】10時~16時(入園受付15時半、悪天中止・延期なし)
【料 金】大人600円、小人300円

 

六甲高山植物園アクセス

 

このところ暖冬が続いていましたが、立春を迎えて、急に冷え込むようになりました。
こんな季節の水分補給は“白湯”がお薦めです。

 

白湯は水を温めたもので、特別な成分が含まれているわけではなく、身体を芯から温めることで、健康を促進すると考えられています。
白湯を飲むことで、新陳代謝が促進され、免疫力が上がります。
体温が1度上がると、免疫力は5~6倍になるともいわれています。

 

花粉予報が出始めましたが、白湯は、鼻水やくしゃみなど、花粉のアレルギー症状を抑える効果も期待できるそうです。
また、便秘がちな人もぜひ。内臓が温められて腸の動きが活発になり、消化力がアップするようです。

 

白湯を飲むタイミングは、朝起きてすぐと、食事中、就寝前。
朝は起きぬけの身体を目覚めさせ、食事中は、ひと口食べては白湯をひと口すすることで、のどが潤され、消化の助けにつながります。
就寝前に飲むと、体温が上がって、心身ともにリラックスでき、眠りにつきやすくなります。

 

白湯を飲むときは、ゆっくりと時間をかけることもポイント。

 

「六甲の天然水 マロッ」のウォーターサーバーなら、白湯が手軽に楽しめます。
毎日の暮らしに白湯の習慣を取り入れて、より健康にお過ごしください。

キャンペーン情報

campaign

MORE