サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

54年ぶりという、11月の雪が、関東地方に訪れました。

水は温度によってかたちを変えます。
目には見えませんが、空気中に水蒸気として含まれていて、気温が下がると、
水蒸気が結露して、再び目に見えるかたちで現れます。

霧、霞(かすみ)、靄(もや)、雲、雨…
今回のように冷たい空気がなだれこむと、
霙(みぞれ)、雪、さらに冷え込むと、氷へと、姿を変えていきます。

春夏秋冬があって、縦に長い日本列島では、霜、氷柱、霧氷、樹氷と
その名も美しい、冬の自然現状が各地で見受けられます。

世界的な異常気象が続き、天気予報の的中率は高いとはいえませんが、
今年の冬は寒さが厳しいとか。

朝起きると、雪景色が広がっていた…
そんな日が近いかもしれません。

全国各地から紅葉情報が寄せられています。
六甲山には、最高で標高880メートルから、紅に染まる山並みに臨む乗り物があるのをご存知ですか。
六甲山頂から有馬温泉までを12分で結ぶ「六甲有馬ロープウェー」です。

ゴンドラから360度に開けた車窓に広がるのは、パノラミックでカラフルな紅葉。
六甲山頂駅からブナの黄色が広がり、有馬温泉へ近づくにつれて、眼下の東側、
奥深い谷間の隅々まで、カエデが真っ赤に染め上げます。
艶やかな色目の移り変わりを目の当たりにできるのも、このロープウェーならではのお楽しみ。
写真は有馬温泉の鼓ケ滝近くの上空からの絶景です。

裏六甲の紅葉は、標高によって見頃のピークは異なりますが、全体的にはいまがちょうど見頃となっています。

六甲有馬ロープウェー紅葉情報
http://koberope.jp/rokko/koyo
六甲有馬ロープウェー
http://koberope.jp/rokko

いつも「六甲の天然水 マロッ」をご愛飲いただきましてありがとうございます。

今年で27回目をむかえる「六甲シティーマラソン大会」。

今回は、地元兵庫県出身の北京オリンピック陸上5000m日本代表選手、小林祐梨子さんをゲストランナーにお迎えし開催されます。

「六甲の天然水 マロッ」では、参加の皆様へのペットボトル配布、コース中盤での給水所での給水活動をサポートさせていただきます。

「六甲シティーマラソン」について詳しくは「公益財団法人 神戸市スポーツ教育協会」のHPをご覧くださいませ。

いつも「六甲の天然水 マロッ」をご愛飲いただきましてありがとうございます。
「六甲の天然水 マロッ」では、お客様に安心・安全なナチュラルミネラルウォーターをお届けするため、定期的な水質検査を行っております。
製品紹介のページに最新の「水質検査表」をアップしましたので、過去の「水質検査表」と合わせてご確認下さいませ。

製品紹介ページ → こちらから

関西では関東炊きとも呼ばれるおでんですが、関東と関西では具材や味付けが異なります。
関東は濃口しょう油をベースに味付けられ、具材はハンペンやちくわ麩などが好まれているようです。

一方、関西では昆布とカツオ節で取ったダシに
薄口しょう油をベースに、みりんなどで甘みも少々プラス。
大根にコンニャク、牛スジにも、ダシのおいしさが息づいています。

このダシの味を決め手となるのは、何でしょうか? 
水といっても過言ではないでしょう。
豊かな自然に育まれたマロッは、いろんな料理にお使いいただけます。

さあ今夜あたり、おいしいダシに、牡蠣や春菊をさっとくぐらせて、いかがですか。

いつも「六甲の天然水 マロッ」をご愛飲いただきましてありがとうございます。

11月5日(土)、6日(日)の2日間にわたって開催される 「第13回 兵庫ふるさと市」。

特設ステージでは両日とも10:30~15:00に様々なイベント企画され、出店ブースでは兵庫の地元特産物(神戸チリメン、丹波豆、淡路玉ねぎなど)が販売される予定です。

開催場所は「垂水駅前東広場」。

「六甲の天然水 マロッ」は6日(日)だけの参加になりますが、試飲ブースを設け皆様のご来場をお待ちしております。

ぜひ足をお運び下さいませ。

「好きな飲み物は?」と聞かれて、「コーヒー!」と答える方は少なくありません。

職場でコーヒーマシーンのおいしい1杯、コンビニへ出掛けたらお弁当やおやつと一緒に1杯、休日はお気に入りのカフェでゆっくりと、といった具合に、毎日の生活に欠かせない飲み物として、コーヒーはすっかり日本人の生活に溶け込んでいます。

自宅で楽しむ時はどうされますか。

インスタントコーヒーから、カップの上にセットしてお湯を注ぐドリップバッグ、好きな豆をドリップやサイフォンでたてる本格派まで、こちらの選択肢も多彩。

なによりその手軽さからいま、注目を浴びているのがコーヒーバッグです。
紅茶のティーバッグのように、お湯を注いで、バッグを上下するだけ。
後始末は、ごみ箱に捨てるだけなんです。

お湯を入れすぎると薄くなるので、小さめのカップをお選びください
マロッのウォーターサーバーの温水で、よりおいしくどうぞ。

キャンペーン情報

campaign

MORE