サン神戸ウォーターサプライは「六甲の天然水 マロッ」ブランドのナチュラルミネラルウォーターの製造・販売・宅配事業を通じて神戸・大阪・阪神間のお客様の安心で安全な生活をサポートしています。

六甲の天然水 マロッ六甲の天然水 マロッ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
弊社では新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、従業員の在宅勤務を実施しております。
これに伴い、限られた人数での対応の為、誠に勝手ながら電話受付を留守番電話対応に変更いたします。
ご注文は下記のボタンからも承りますのでご注文画面にお進みくださいませ。
皆様には大変ご不憫ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

夏休みに突入し、あちこちで子どもたちの元気な声が聞こえるようになりました。

夏休みの予定は立っていますか?
暑い夏こそ「雪の広場」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

六甲山カンツリーハウスで、今年で38回目を迎える「真夏の雪まつり」が開催されています。

六甲山カンツリーハウス
https://www.rokkosan.com/country/

真夏の雪まつり
https://www.rokkosan.com/country/event/cat_event/176/

【実施日時】
7月16日~8月31日の毎日、9月3日~11日の土日
11:30~16:30 ※雨天中止。雨天翌日も中止の場合あり。
※8月の土・日・祝は10:30~16:30
※8月11日~15日は10:30~17:30

「雪の広場」では、大人も子どもも雪あそびが楽しめ、雪の中に埋められたおもちゃや雑貨、文具などを探し出す「宝さがしゲーム」は期間中毎日行われます。

今年の夏は暑いらしい!
思いっきり冷たい雪で遊ぶのはいかがでしょう?

梅雨が明け、セミの鳴き声があちこちで聞こえる毎日です。
いよいよ、本格的な海水浴シーズンが到来し、夏真っ盛りといったところでしょうか。

この時期には、楽しい思い出が増える一方で水難事故のニュースをよく耳にします。

とくに川では、大雨などによる増水、氾濫による水難事故が懸念されます。
平成20年に神戸市灘区の都賀川で、急激な増水により、逃げ遅れた児童を含む5人が亡くなったことを覚えている方もいるでしょう。

海や川で遊ぶ時には、天候には十分に気をつけたいものです。

日本では、昔から水難事故防止のために、水辺に棲む妖怪の河童(カッパ)が大人たちによって利用されてきました。
「河童(カッパ)が出るから川に近づいたらだめ!」と大人たちが発した警告の言葉は、昔の子どもたちには一定の効果があったのでしょう。

このキュウリや相撲が大好きな妖怪は、今では多くのマンガやキャラクターなどでも活躍し、大衆に愛される存在となりました。
恐ろしいというより、かわいい存在になってしまい、子どもたちへの脅しとしては利用しずらくなってしまいました。

ひょうご防災ネットに「国民保護情報」の電子メールサービスがあります。
風水害時の避難勧告・避難指示情報、津波、特別警報などの情報をメールでお知らせするサービスです。

安心・安全情報の電子メールサービス(ひょうご防災ネット)
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/mail/index.html

水難事故防止のために、河童(カッパ)を利用するのは難しいかもしれませんが、この電子メールサービスはぜひ利用してほしいと思います。
海や川などのアウトドアへ出かける時はチェックして、情報を賢く入手して、楽しい経験をたくさんしてくださいね。

須磨海岸の夕暮れから夜に、まるでハワイにいるように楽しめるイルミネーションが須磨海浜水族園で行われます。

須磨海浜水族園
http://sumasui.jp/

Aloha!!イルミネーション「神戸須磨アクアイルミナージュ」
http://www.sumasui.jp/event/2016/04/28714831.html

【実施日時】
平成28年7月14日~8月31日
17時~22時(最終入場は21時30分)
※入場料がかかります。詳しくはホームページへ。

ハワイをイメージした夏限定のイルミネーションが点灯されるほか、花火が毎晩打ち上げられます。フラダンスなどのイベントも開催予定です。

また、20時から毎日行われるイルカトワイライトライブは、プロジェクションマッピングと融合して、ハワイの楽しい情景、海から宇宙へと繋がる壮大な映像がイルカたちのショーとともに映し出され、ダイナミックで幻想的な空間を楽しめます。

イルカトワイライトライブとプロジェクションマッピング
http://www.sumasui.jp/event/2016/06/28714831-1.html

今年の夏は、ぜひご家族で、近くでハワイの夜を体感してみませんか?

口に含むとパチパチと気泡が弾けて、のどごしが爽やかな炭酸飲料水。

ヨーロッパでは、天然炭酸水が湧き出る炭酸泉が豊富にあるため、炭酸水は生活に根づいています。
飲料水としての水の出荷量の半分近くを炭酸水が占めるほどです。

日本では、炭酸泉が少なく、天然炭酸水は貴重なものとなります。
兵庫の有馬温泉には、その貴重な天然炭酸水が湧き出る炭酸泉があります。

炭酸泉源公園にある銀泉源はその一つ。
http://www.arima-onsen.com/facility_info101.html

明治以降に水質検査が行われるまでは、「鳥や虫が飲むと死ぬ毒水」とされていて、誰も近づかなかったようです。
しかし、水質検査の結果、飲料水として優れているということが分かり、甘味を加えて販売されるようになりました。
その炭酸水を入れた瓶に蓋をすると、瓶がすぐに飛んでしまったことから「てっぽう水」という名前がつけられました。
「てっぽう水」は、現在のサイダーの由来となる商品で、日本初の炭酸飲料水となります。

その後「てっぽう水」は、時代の変化に伴って製造が中止されていましたが、2002年、「有馬サイダー」として復活しています。
日本初として、神戸が発祥地となる「物」や「文化」が数多くありますが、サイダーもその一つだったのですね。

キャンペーン情報

campaign

MORE