HOME >> マロッが大切にしていること >> 社会福祉活動

社会福祉活動

Save the Children

Save the Childrenとは

Save the Children Japan

子ども支援専門の国際組織であるセーブ・ザ・チルドレンは、すべての子どもにとって生きる・育つ・守られる・参加する「子どもの権利」の実現を目指し、1919年にイギリスで設立されました。以来、90年以上にわたり、世界で30の独立したメンバーがパートナーを組み、約120ヶ国で活動しています。
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは1986年に設立され、日本国内では保護、防災、子どもにやさしい地域づくりなど、海外ではアジアやアフリカを中心に保健・栄養、教育などの分野で子どもとともに活動を実施しています。また、自然災害や紛争発生時には緊急人道支援も行っています。
国連機関、各国政府、地方行政、企業・団体、個人、地域の方々など子どもをとりまく多くのステークホルダーと連携しながら、子どもたちの生活に迅速かつ永続的な改善を促し、子どもへの向き合い方に画期的な変化をもたらしています。

協力へのいきさつ

「六甲の天然水 マロッ」の井戸は震災の年に採掘されました。 震災当時の水に不自由した事を思い出せば、この水があればどんなに助かっただろうかと思います。だからせめて貧窮に喘ぐ世界中の子供たちの役に立てばとライセンス契約を申込みました。

協力内容

サン神戸ウォーターサプライ株式会社では、法人維持会員としての寄付と、「六甲の天然水 マロッ」ボトル1本につき一定額の寄付をお客様からのご寄付という形で創立以来、毎年続けております。

Save the Children の活動内容

福島市内の学童保育クラブを対象にした日帰りの外遊びツアー。比較的放射線量が低い地区を訪問し、思う存分外遊びを楽しみました。

遊びながら防災について学ぶ取り組み。震災を経験した人々の声から、「自分を守る」ために大切なキーワードを抽出して作ったカードゲームを使用。宮城県東松島市の放課後児童クラブにて開催されました。

協力実績

2013年(2012年度) 506,250円
2012年(2011年度) 522,940円
2011年(2010年度) 522,010円
2010年(2009年度) 578,340円
2009年(2008年度) 599,740円
2008年(2007年度) 584,705円
2007年(2006年度) 526,585円
2006年(2005年度) 541,400円
2005年(2004年度) 469,495円
2004年(2003年度) 387,930円
2003年(2002年度) 312,000円
2002年(2001年度) 204,265円
2001年(2000年度) 193,722円