HOME >> マロッと通信

神戸を代表する水の一つ、「宮水」とは

2018年4月13日

コラム, 六甲山

「宮水」は、「六甲の天然水 マロッ」と同じく、六甲山系で育まれています。 神戸市から西宮市へかけての旧海岸地帯で、井戸に湧出し、酒造りに適した水として、古くから灘(なだ)の酒に用いられてきました。 そのはじまりは、天保年間(1830~1844)。 現櫻正宗の祖・・・

続きを読む

もうひとつの雨の名前

2018年4月6日

コラム

おいしいお水の源となる雨。 日本の四季折々の美しい言葉を集めた『歳時記』に、ちょうどいまの季節、3月下旬から4月上旬に降り続く雨は、「菜種梅雨(なたねつゆ)」と記されています。 菜の花(別名:菜種)の咲く時期の雨であり、多彩な花を催す(咲かせる)という意味で、・・・

続きを読む

神戸市水の科学博物館で「さくらフェア」開催中!

2018年3月30日

イベント, 六甲山

ポカポカ陽気が続き、神戸の街でも一気に、さくらのつぼみが膨らみ始めました。 神戸の山の手で、水道のしくみや神戸の水道の特徴などを紹介する「神戸市水の科学博物館」には、美しさ県下一との評判を持つ「奥平野舞桜」をはじめとする、約200本のさくらの木があるのをご存じ・・・

続きを読む

神戸の暮らしは“コウベウォーター”と共に

2018年3月22日

コラム, 六甲山

人の暮らしに水は欠かせません。 神戸の暮らしを支えてきたものの一つに、布引渓流の水があります。 六甲山を水源に、山系の花こう岩層をくぐりながら、適度なミネラル分を含み、 急な斜面で流れが速いために、不純物(有機物)を多く含まないのが特徴で、「名水百選」にも選定・・・

続きを読む