HOME >> マロッと通信 >> 料理

六甲山でスイスやフランスの名物料理を

2019年2月15日

イベント, 料理

六甲オルゴールミュージアムでは今、19世紀ヨーロッパの文化にふれられる「からくり人形の世界 ~オートマタの100年~」を開催中です。 さらに、館内にある「シュトラウス・カフェ」では、ヨーロッパの食文化も体験できる「ラクレットチーズランチ」が楽しめます。 ラクレ・・・

続きを読む

春の訪れを感じさせてくれる菜の花を食卓へ

2019年1月25日

コラム, 料理

愛らしい黄色いつぼみがのぞく鮮やかな緑が、ひと足早い春の訪れを感じさせてくれる野菜、菜の花。 ほのかな苦味と独特の歯ざわりが魅力です。 菜花(なばな)とも呼ばれ、やわらかいつぼみと、葉っぱ、茎のすべてが食べられる花野菜の代表格でもあります。 旬は1~4月。 つ・・・

続きを読む

冬至にカボチャを食べるのはなぜ?

2018年12月18日

コラム, 料理

1年で一番、太陽が出ている時間が短い、言葉を変えると、夜の長い日が「冬至」。 今年は12月22日です。 冬至の風習として知られているのが「ゆず湯」と「カボチャ」。 ゆず湯は、冬の寒い日に身体を芯まで温めることができる、ありがたい風習といえるでしょう。 ではなぜ・・・

続きを読む

煮干しを水だしでおいしく

2018年12月4日

コラム, 料理

四季折々の食材が楽しめる和食は、平成25年12月、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。 おいしい和食の基本はだしにあるといっても過言ではありません。 だしの材料はいろいろありますが、煮干や鰹節ならば、カルシウム成分やマグネシウム成分が、臭みをアクにして消し・・・

続きを読む

色白のかぶらで温まろう!

2018年11月21日

コラム, 料理

北国から雪の便りが届く頃ですが、本格的な冬の訪れはまだまだ先。 次第に冷え込みが厳しくなってきたこの季節、ぐっとおいしくなる野菜といえば、かぶらではないでしょうか。 原産地はアフガニスタンや地中海沿岸の南ヨーロッパと言われ、紀元前から栽培されていたようです。 ・・・

続きを読む

1 / 712345...最後 »