HOME >> マロッと通信 >> 六甲山の秋の風物詩「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」開催

六甲山の秋の風物詩「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」開催

2019年9月11日

イベント, 六甲山

9-2-19編集済みのコピー

六甲山上の各施設を舞台に、自然をバックに現代アートを展示する「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019」は今年で10回目を迎えます。

六甲山は明治時代に、居留外国人によってレジャーの山として開発が始まりました。
その素晴らしい眺望や豊かな自然は、時代が移り変わった今もなお、多くの人々に愛され続けています。

「六甲ミーツ・アート」は、アートファンはもちろん、ハイキング気分で散策しても、巨大なアートと出会える驚きや発見がある、“新しい六甲山の魅力”として親しまれています。

これまでに通算300組を超えるアーティストが出展し、毎年、斬新な作品や作品によって変化する風景が楽しめました。10回目の節目となる本年は俳優の浅野忠信さんが出品。
自然の移ろいを五感で感じながら、豊かな時間が過ごせる絶好の機会となることでしょう

会期は2019年9月13日(金)~11月24日(日)。
開場は10~17時で会期中無休。
会場は天覧台や六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、風の教会など。
六甲ガーデンテラスなどでは夜間鑑賞も楽しめます。

また、六甲オルゴールミュージアムでは、アート作品の展示・販売を行う「ROKKOアートマーケット2019」を開催します。

過去に「六甲ミーツ・アート」に出展したアーティスト15人を中心に、日本を代表するイラストレーターの1人である宇野亞喜良が描き下した作品1点も展示・販売。10~20万円の本格的な作品から、1~2万円で気軽に購入できるものまで、幅広く取り揃えています。

詳しくは こちら