HOME >> マロッと通信 >> 夏のお風呂の上手な活用法

夏のお風呂の上手な活用法

2019年8月20日

コラム, 健康

8-3-19

暑い日々が続きますが、湯船に浸からず、シャワーだけで済ませている方、少なくないのでは。

オフィスや通勤電車の冷房の効きすぎなど、外気温と室温の差が大きくなると、自律神経が乱れがち。身体に疲労が蓄積され、夏バテにつながります。

夏バテ対策には入浴が有効です。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、しっかりと温めると、副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られます。
身体の冷えが軽減されることで、疲労回復に加えて、血行が促進され、新陳代謝がアップ。肌のコンディションも良くなるそうです。

人間は体温が下がる時に眠気を感じる特性があります。
入浴でいったん上がった体温が、徐々に下がっていくことで、自然な眠気が訪れます。
寝苦しい夜でもすんなりと眠りにつくことができるのです。
良質の睡眠は、健康的な身体づくりに欠かません。

利点がわかっても、お風呂につかる気がしない方は、みぞおちより下だけお湯につかる半身浴をどうぞ。心臓に負担がかかりにくく、長めの入浴に適しているそうです。
お風呂を活用することで、身体にたまった老廃物や毛穴の奥から汚れを取り除くと、ベタつきにくい素肌へもつながります。

冷えが気になるときには37度くらいのぬるま湯に20分くらい、ベタつきが気になるときは39度くらいのぬるま湯に10分ほど、浸かるのが効果的だといわれています。

入浴の前後には、「六甲の天然水 マロッ」をコップ1杯ずつ、お忘れなく。