HOME >> マロッと通信 >> 女の子の健やかな成長を願って

女の子の健やかな成長を願って

2019年2月27日

コラム

2-4-19

3月3日はひな祭り。「桃の節句」であり、ひな人形や桃の花を飾って、春の香りを運ぶ料理を楽しみながら、女の子の健やかな成長を願う行事として広く親しまれています。

本来は「上巳の節句(じょうしのせっく)」といわれ、中国から伝わった五節句の一つ。
3月上旬の巳の日に、水辺で穢(けが)れを祓(はら)う習慣でした。
草や藁で作った人形(ひとがた)で身体をなで、穢れを移してから川に流すことで、厄払いや邪気祓いを行っていたそうです。「流し雛」はその名残りでもあります。

桃の花を用いるのは、開花期に重なるだけではなく、桃の木が長寿をもたらし、邪気を祓う神聖な木と考えられていたから。
ひな祭りは、無事に春を迎えられたことを喜び、これからも元気で過ごせるようにと願う日でもあります。

ひな祭りに欠かせない料理といえば、ちらし寿司とハマグリの吸い物ではないでしょうか。

ちらし寿司はひな祭りに限定されるものではありません。
しかし、エビ(長生き)、レンコン(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など、縁起のいい具材を盛り込み、緑の三つ葉、赤いニンジン、黄色の玉子などで華やかに彩った、お祝いの席にふさわしい料理として定着しています。

また、ハマグリなどの二枚貝には、対の貝殻しか絶対に合わないことから、よい結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせるようにという願いが込められています。
開いた貝殻の両方に身を1つずつのせて盛り付け、将来の幸せを祈りながらいただきます。

六甲の自然に育まれた「天然水 マロッ」で、よりおいしく仕上げて、春を寿いではいかがでしょうか。