HOME >> マロッと通信 >> 上手にお風呂に入って、心身ともに健康に

上手にお風呂に入って、心身ともに健康に

2018年2月26日

コラム, 健康

2-3(2)-18

寒さの厳しいこの季節、お風呂にゆっくり浸かるのが、なによりの幸せと感じられている方、少なくないと思います。

お風呂に入ることで、一日の疲れが癒され、ストレスの解消につながります。
加えて、体温が上昇すると、免疫力が高まるとも言われています。

人間の身体は37℃台まで体温が上がると、自然治癒力が高まり、
体内の乱れた秩序を、自ら元の状態に戻ろうとする力を発揮。
風邪を引いた時は、できるだけ早く37℃まで上がった方がウイルスに対抗できるそうです。

とはいえ、温めすぎは逆効果。
体温が42℃になると交感神経の緊張状態が続き、血流が鈍くなるそうです。

メリットがたくさんある入浴ですが、正しいお風呂の入り方をご存じですか。

お風呂に入ると発汗するため、血液粘度が高まって、“ドロドロ血”の状態になることも。
入浴後だけでなく、入る前にも、コップ1杯のお水を飲むのがポイントです。

かけ湯は身体の汚れを流すだけでなく、湯温に体を慣らすためのもの。
体温が湯船の温度と同じくらいになるまで、かけ湯で温めてください。

長湯は禁物。短い入浴と浴槽から出ての休憩を繰り返すと、湯冷めもしにくいそうです。
38℃くらいのお湯で、5分入浴+休憩、8分入浴+休憩、3分入浴し、最初の休憩でシャンプーを、2回目の休憩で身体を洗うのがいいでしょう。

入浴前に「六甲の天然水 マロッ」を1杯、ぜひお試しください。