HOME >> マロッと通信 >> 水分補給をいま一度

水分補給をいま一度

2017年8月17日

コラム, 健康

8-3

ジリジリと太陽が照りつける、猛暑が続いています。
熱中症予防のためにも、みなさん、水分補給を心掛けておられると思いますが、
この季節にいま一度、身体と水について、見直してみます。

人間の身体は60%が水分だといわれています。
そして、骨の1/3も水分から成り立っていることをご存じですか。
人間の身体にとって水分が、いかに大切かがおわかりいただけるでしょう。

水分は血液となって身体をめぐり、栄養素を運び、老廃物を排泄するという大きな役割を担っています。
また、体温を調節するという役割も果たしています。
蒸発するときに熱を奪う性質があって、汗が蒸発するときに熱を奪うため、
皮膚表面の温度が下がるのです。
夏場に気温が上昇したときや、運動をして身体温度が高くなったときなど、汗をかくことによって、体温はコントロールされています。

「のどが渇いたな」と思ったときは、すでに体内の水が不足しているという注意信号。
“渇き”を感じる前に、水分を補給してください。

なお、水は一度にたくさん飲んでも吸収されません。
少しずつこまめに飲むことで、効率のいい水分補給を行うことができます。

六甲の天然水「マロッ」は、500mlペットボトルも用意しております。