HOME >> マロッと通信 >> 新茶の季節になりました

新茶の季節になりました

2017年4月11日

コラム, 料理

4-1

お茶の芽摘みは、日本各地でおおむね4月上旬からはじまります。

その年の最初に育って摘んだ茶葉を新茶といい、初物(はつもの)の意味を込め、
また、旬のものとして「一番茶」とも呼ばれています。
以降、摘んでいくごとに、「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。

葉っぱが若くて柔らかいので、最も良質とされて、若葉のようなすがすがしい香りと、甘みが持ち味です。

さわやかな香りを楽しみたい時は、やや熱めの湯でさっといれましょう。
ほんのりした甘い、うまみを味わいたい時は、湯を70度くらいに冷ましてから、
じっくりと抽出するのがお薦めです。

日本で一番早く茶摘みがはじまるのは温暖な鹿児島県。
その後、桜前線と同様に徐々に北上して、各地は新茶の時期を迎えます。

「六甲の天然水マロッ」では、お手軽な粉末緑茶「茶の湯名人」を取り扱っています。
冷水・お湯にすぐ溶けて、茶殻がでない優れものです。
マロッと一緒にお試しください。